■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■プロフィール

へいれる

Author:へいれる

■ペット

■参加同盟

同盟:セルビナ警備隊


■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンクというかブックマークというか
■RSSフィード
■フレ間BBS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
蛇の身内で人狼やるっぺよ
さてさて

なんだか最近、そこそこに更新してたりして、、、









違う人が書いてるんじゃないでしょうか?





大丈夫、たぶんまだへいれるです。


えっと、今回は
そのうち俺が蛇鯖でしたいなー、と思ってる遊び
『汝は人狼なりや』
についてちょろっと


今年の年始頃かな?
そのTRPGの記事見つけて、それからしばらくして色んな所で目にするようになったんだけど
今じゃラグ鯖を中心に、FFでも結構な渦作ってる感じですな。

最近フラフラブログ徘徊して過去記事とか見てたら、たまたま同じ記事読んじゃったりして~

('Д')あ~、なんか身内で出来ないかな、、、

とか思っちゃいまして(*´Д`*)


そんなわけでとりあえずは、身内向けに!

こんなだよ

みたいな記事を!!
記事を!!!



*概要*

FFのチャット機能をフル活用して遊ぶTRPGです。


舞台は、人狼が村人に成りすまし、潜伏している村
その村では毎晩、村人が一人、人狼に食い殺されていました。
そこで村人は、人狼を討伐しようと考えましたが
人狼の潜伏は巧妙で、誰が人狼なのかわかりません。
ですがこのままでは黙って食われるだけ
苦肉の策として村人たちは、昼のうちに村人全員で会議を開き
それぞれが一番怪しいと思う者に投票し
公開処刑により、村人になりすました人狼を退治しようと考えました。

人狼としては、堪ったものではないのですが
人狼も、村人と1対1なら勝てても、さすがに複数人相手ではやられてしまいます。
なので人狼は、昼間は会議に村人として参加し、人狼が処刑票を集めないよう上手に振る舞わなくてはなりません。



プレイヤーは、その村の村人側と、村を襲う人狼側に別れ
それぞれの勝利条件達成を目的に動いていきます。

村人側は、誰が村人で、誰が人狼なのかは全く分かりません。
分かっているのは、自分が村人だということだけです。
知恵を使い、誰が人狼か推理し、人狼の全滅を目指します。

人狼側は、誰が人狼なのかお互いに分かっており、人狼同士だけの会話もすることが出来ます。
人狼同士協力して、知恵を絞り、疑われないよう会議を誘導し、
公開処刑と夜間の襲撃を利用することにより、村人の人数が人狼の人数以下になるまで、減らすことを目的とします。




*決まりごと*

このゲームは、読み合い、騙し合いを主としますが
それはゲーム内の役としてのお話。
参加者のフレと事前から結託したり、裏tellによる票合わせなど
ゲーム外の、個人としての騙しを行うことを固く禁じます。
これは推理ゲームとしての質を著しく下げるためです。

それと、後述のLSチャットもゲームとして利用するということから
参加者を調べる、ということも禁じます、見てしまったのではLPの有無で役柄が分かってしまうためです。

また、信じてもらえず処刑されたから、試合に負けたから
などの理由で感情的になるようなことは、出来る限りお控えください。
あくまでも遊びとして、最低限のモラルと余裕を持ってプレイしましょう。




*チャットモード区分*

say:昼間の会議は、村人も人狼もsayを利用します。
tell:GMとプレイヤーとのやりとりに利用します。
party:死んでしまった人はPTを組み、こちらを利用します。
LinkShel:人狼はLPを持ち、人狼同士の会話はこちらを利用。
/em:GMからのシステムメッセージとして利用します。

原則として、ゲーム中はこれ以外の用途に使わないようにしてください。
特に、エモート等は混乱を招きます。

※推奨として、誤爆抑止のため、村人はチャットモードをsayに、人狼はLSにすることをお勧めします。もししてしまった場合でも、中断等は行いません、そのまま続行です。

ちなみに人狼用LSはこちらで用意します。




*参加者の役職*

ゲームマスター(GM)
進行を務め、プレイヤーへの役割の割り振り、ゲーム内での時間の経過(昼夜)を決定する。
両陣営の状況を把握し、処刑の投票、人狼が襲う相手など、プレイヤーが場で言ったのでは、ゲームにならなくなってしまうようなことは、全てGMを介して公表されます。


村人勢力

村人
基本的には、会議と投票しか出来ません。
何の能力もない村人である、ということが最大の武器となります。
また、村人の中には、特殊な能力を有した、能力者、と呼ばれる
以下のような者も存在します。

占い師
占い師は、夜間に誰か一人を選び、その人の陣営をGMから聞くことが出来ます。
後述の狂人、妖狐は村人と判定されます。ただし妖狐を占った場合、妖狐は翌朝死んでいます。

霊媒師
霊媒師は、夜間に、その日処刑された人の陣営をGMから聞くことが出来ます。
こちらも陣営のみなので、狂人、妖狐だった場合は、村人と判定されます。

狩人
狩人は、夜間に、護衛したい人をGMに告げることで、その日の夜に限り、護衛対象がもし人狼に狙われたとしても、対象は死なずに済みます。
ただし、狩人は自分を護衛対象に指定することは出来ません。
また、もし護衛が成功したとしても、それがGMから告げられることはありません。

共有者
共有者は二人いて、村の中で唯一、お互いが村人であることを知っています。
共有相手は、GMにより役職振り分けのときに、お互いにだけ告げられます。
それ以外はただの村人です。


人狼勢力

人狼
人狼は、昼間は村人として潜伏しているため、会議と投票にも参加できます。
というか、そこでどれだけ村人を騙せるか、というのがカギになります。
また、それとは別に、夜間に一人選ぶことにより、その相手を食べることが出来ます。
ただし、相手が狩人に護衛されていた、相手が妖狐だった、この二つの場合に限り、食べ、は失敗に終わります。

狂人
狂人自身の陣営は村人側なので、村人として扱われますが、勝利条件は人狼のものと同じになります。
よって、会議中の動きとしては、人狼と似たようなものになります。
しかし、人狼は狂人が誰なのか分からず、狂人も人狼が誰なのかわかりません。
さらに、自身は村人として扱われるので、村人2:人狼2:狂人1では
村人3:人狼2と見られ、このままでは人狼の勝利条件は満たせません。
時には、自分が犠牲になることにより勝利する、ということもあるのです。


妖狐勢力

妖狐
妖狐勢力は、妖狐ただ一人からなります。
妖狐自体は村人として扱われます。
勝利条件は、自身が生き残った状態で、人狼、村人、どちらかの勝利条件が満たされること。
つまりゲーム終了時生きていれば勝ちです。
妖狐は、もし人狼に襲われたとしても、死ぬことはありません。
ただし、占い師に占われた場合、結果は村人と出ますが、翌日の朝、死んでしまいます。


その他

死者
既に死んでしまった人たちのことです。
死んでいるので、ゲームに関わってはいけません。
助言等はもっての他です。
ただし、死んだ場合、GMからPTに誘われ
ゲームを傍観しつつ、PT会話で自由に話すことが出来ます。
死者に対して、全員の役職をばらすかは、GMの判断に任されますが
ただ傍観しているよりは、役職を知った上で過去ログを読むなど
死者の楽しみが増えるので、差支えがなければばらした方が
少なくとも死者は暇をしないはずだ。





*ゲームの流れ*

ゲーム内時間の流れとしては

村人全員の会議タイムである昼パート
処刑投票をし、実行される夕方パート
各能力者の能力行使、人狼の食い指定をする夜パート
犠牲者、勝利陣営の発表等、GMからの報告をする朝パート

この4つのパートを繰り返していきます。
それぞれどのくらいの時間やるのかについては
プレイヤーが多ければ、昼パートを多少長く取り、会議時間を十分に設けますが、逆に少なければ、無闇に長時間はしません。
夕方パート、夜パートで言えば、投票や、能力行使先の選択に時間が掛かれば長くなります。
なので、実時間で言うと、というのはその場その場で、GMの判断に任されます。
昼パート開始時に
/em 昼はヴァナ時間で~時までです。
のような、システムメッセージを流すことが望ましいです。


パート毎の説明

昼パート
昼パートは、村で会議が開かれます。
村人、人狼共に、sayを使い
推理を披露して説得を試みたり
相手の矛盾点を探し突いてみたりして
自陣営が勝利できるよう
会議の結果(投票)を誘導していきます。
また、このパートに限らず
人狼は常に、人狼同士LSで相談し合うことが出来ます。

夕方パート
夕方パートでは、公開処刑の投票を
GMにtellで申告していきます。
そして、その投票の結果がすぐに出て
処刑が必要であれば
その時点で処刑者の発言は禁止されます。

夜パート
夜パートは、基本的に村人は寝ているので
一切の発言を禁止されます。
ログの洗い直しなどをして
次の日の話の材料を作っておくとよいでしょう。
ただし、占い師、霊媒師、狩人に関して言えば
このパートで、それぞれ能力を行使し、GMに申告します。
占い師の占い結果、霊媒師の霊視結果は、この時すぐに知ることが出来ます。
人狼は、これまでの間に相談して決めておいた
食いに行く対象をGMに申告します。

朝パート
朝パートでは、夜パートで申告のあったことをGMがまとめ
結果のみ(~が死んだ、死者なし)を全員に伝える。






だいぶ長く書いたが、この辺だろうか
このほかにも、定石、小技やローカルルール等もあるが
その辺はさすがにはぶいて行こうと思う。

そちらの方はコチラコチラを参考にして頂きたい。

自分自身詳しいわけではないので、間違い、勘違いは多々あると思われる、もし指摘いただけるなら修正いたします。
また質問があれば自分が出来る範囲でお答えします。





さぁー――――――――――っ!!!!
とりあえずは身内での話ですが、やりましょう!!
是非!!
目標としては8人くらいは少なくても集めたいところ。
今のところ俺を入れても3人ですよーーーーっ!
いや、声かけしてないだけだけどねっ!!!

ちなみに今回俺はGMをやる予定でいますので~
その辺はご心配なく参加ください(´_ゝ`)
スポンサーサイト
FFっぽい駄文 | 03:03:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。